TeXShopの自動補完(キーバインド)

http://macwiki.sourceforge.jp/wiki/index.php/TeXShop%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97%EF%BC%881-18%EF%BC%89%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88
や付属のヘルプを読めばわかるが、
環境設定>エディタ>キーバインド
でon/offが出来る。また
ソース>キーバインド>キーバインドファイルの編集
というので、キーバインドの設定を編集できる。

http://macwiki.sourceforge.jp/wiki/index.php/TeXShop/FAQ#.E3.82.AA.E3.83.BC.E3.83.88.E3.82.B3.E3.83.B3.E3.83.97.E3.83.AA.E3.83.BC.E3.83.88.E3.81.AB.E6.8B.AC.E5.BC.A7.E9.A1.9E.E3.82.92.E8.BF.BD.E5.8A.A0

にもあるように、
$${}()[]のためにをそれぞれ$ { ( [に
$#SEL##INS#$
{#SEL##INS#}
(#SEL##INS#)
[#SEL##INS#]
を割り振った。

\begin{hogehoge}からの\end{hogehoge}への補完は、escキーで出来る。

LyXの設定:メモ

MBAを初期化するので、メモ

LyX.app/Resources/encodings

Encoding utf8 UTF-8-JP “Japanese (UTF-8)” UTF-8 variable none
を追加

LyX.app/Resources/languages

# uses UTF
Language japanese-utf
        GuiName “Japanese (UTF-8)”
        Encoding utf8
        LangCode ja_JP
End

LyX.app/Resources/layouttranslations

Translation ja
        ”Acknowledgement” “謝辞”
        ”Algorithm” “アルゴリズム”
        ”Assumption” “仮定”
        ”Axiom” “公理”
        ”Case” “ケース”
        ”Chart” “チャート”
        ”Claim” “主張”
        ”Conclusion” “結論”
        ”Condition” “条件”
        ”Conjecture” “予想”
        ”Corollary” “系”
        ”Criterion” “基準”
        ”Definition” “定義”
        ”Example” “例”
        ”Exercise” “演習”
        ”Fact” “事実”
        ”Graph” “グラフ”
        ”Lemma” “補題”
        ”List of Algorithms” “アルゴリズム一覧”
        ”List of Charts” “チャート一覧”
        ”List of Graphs” “グラフ一覧”
        ”List of Schemes” “スキーム一覧”
        ”List of Tableaux” “絵画一覧”
        ”Notation” “記号”
        ”Note” “注釈”
        ”Problem” “問題”
        ”Proof” “証明”
        ”Proposition” “命題”
        ”Question” “問題”
        ”Remark” “注意”
        ”Scheme” “スキーム”
        ”Summary” “要約”
        ”Tableau” “絵画”
        ”Theorem” “定理”
End

と修正

LyX+α

LyXをより便利に使うためには、TeXを使うための他のソフトウェアと組み合わせれば良い.

http://wiki.lyx.org/Mac/Mac

Mac限定ですが、SkimやBibDeskとは簡単に組み合わせることができます。
環境設定>ファイル処理>ファイル形式で
それぞれPDF(???)とbibtexを選んでopen -a ???としてやればok
Skimの方は, synctexを読んでやるエディタをLyXにしてやれば、⌘+Shift+クリックで、対応するLyXに移動します.

TeXWorksでの色の変更

TeXShopに比べて詳しい色の変更ができる.

~/Library/TeXWorks/configuration/syntax-patterns.txt

を編集すればok.

ただ、TeXShopにいまのところ満足しているので、(あとTeXWorksが少し重い気がする)

TeXWorksに移行することはなさそう。

しばらくは、TeXShopとLyXの併用になりそう。

        

LyX (2)

普通、自分用のコマンドというのが皆さんプリアンブルにどっさりあると思うが、問題ない.

何も考えず、全部 文書>設定>LaTeXプリアンブル に書いておけばいい.

数式フォントを簡略化するなんてフザケタコマンドでもok.

なんといっても便利なのは、数式モードである。インライン/ディスプレイモードにかかわらず普通のコマンドでタイプしていけば、

ほぼリアルタイムで、数式が書かれる!!!

さらに、青い文字で表示されている間は、自分用のコマンドなどは、コンパイルされた状態では表示されない.

(修正:2011年10月22日 23:48)

文書>設定>出力を

wpid-lyx_e69687e69bb8e381aee8a8ade5ae9a-1-2011-10-22-22-371.png

としておけば、しばらく放って置くと、しっかりコンパイルされて、黒く表示される。

いちいち、コンパイルして確認することなく、文書の入力に集中できるのは、非常に便利だと思う。

LyX (1)

Konno Log を見て、LyXをインストールしてみた.

しかし、TeXをMacPortsからMacTeXに切り替えたので、LyXをバイナリインストールした.

(Lion 7.2でMacPortsからだと、qt4関連がうまく回らないという事情もある)

pLaTeXはやめて、全面的にXeTeXに切り替えたので、jsarticle等は使えないので、amsartを選択.

XeCJK.styの設定関連をそのまま 文書>設定でプリアンブルに突っ込んでおけば、日本語も特に問題はない.

cancel package

数式でキャンセルを書きたいときのコマンド

例えばこんな式をTypeしたいとする。
wpid-skitched-20110821-023142-2011-08-22-04-183.jpg

http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/cancel.html
http://tug.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/cancel/

texliveでは、既に

/usr/local/texlive/2011/texmf-dist/tex/latex/cancel/cancel.sty

に含まれていた。
CTANのマニュアルによれば、

\renewcommand{\CancelColor}{<color_command>}

で色を変更できるとあった。

\usepackage{color}
\usepackage{cancel}
\newcommand{\red}{\color{red}}
\newcommand{\blue}{\color{blue}}
\renewcommand{\CancelColor}{\red}

とすれば、赤線でキャンセルできる。

例はこんな感じ
wpid-skitched-20110822-043244-2011-08-22-04-181.jpg
ソースはこんな感じ。

\begin{align*}
&[T’_j, T_j]-[T_j, T’_j]+[T^*_j, T^*_j]+[T_j, T_j]-[T’_j, T’_j]+{\blue[T’_j, T’_j]}\\
=&[T’_j, T_j]-[T_j, T’_j]+{\cancel{[T^*_j, T^*_j]}}+\cancel{[T_j, T_j]}-(\cancel{[T_j, T_j]}+\cancel{[T^*_j, T^*_j]}+[T_j, T^*_j]+[T^*_j, T_j]-1)+{\blue[T’_j, T’_j]}\\
=&[T’_j, T_j]-[T_j, T’_j]-[T_j, T^*_j]-[T^*_j, T_j]+1+{\blue[T’_j, T’_j]}\\
=&(\cancel{[T^*_j, T_j]}+\cancel{[T_j, T_j]})-(-1+[T_j, T^*_j]+\cancel{[T_j, T_j]})-[T_j, T^*_j]-\cancel{[T^*_j, T_j]}+1+{\blue[T’_j, T’_j]}\\
=&-2[T_j, T^*_j]+2+{\blue[T’_j, T’_j]}
\end{align*}

こんな感じでかける。