LyXとgraphicx

グラフィックドライバは既定値にしておきましょう。
XeTeXでコンパイルしているとしてもXeTeXをしていると

wpid-xetexe382a8e383a9e383bc_users_ykimura_dropbox_lecture_2012_ocu_quiver_12_2012-07-05_2012-07-05-lyx-2012-07-9-10-41.jpg
こんな感じでOption crashが起きます。
説明にxyが出ていますが、xyは関係ありません。
念のため、ログも載せておきます。
wpid-latexe383ade382afe38299-2012-07-9-10-41.jpg

広告

ライブラリの可視/不可視化

なんだかんだいって、やっぱりライブラリフォルダは見えてるほうがいいと思ったので設定。
http://worldwidedeb.net/2011/07/24/osx-10-7lion-library

chflags nohidden ~/Library/
chflags hidden ~/Library/

でそれぞれ可視/不可視へと変更できる。