LyX (2)

普通、自分用のコマンドというのが皆さんプリアンブルにどっさりあると思うが、問題ない.

何も考えず、全部 文書>設定>LaTeXプリアンブル に書いておけばいい.

数式フォントを簡略化するなんてフザケタコマンドでもok.

なんといっても便利なのは、数式モードである。インライン/ディスプレイモードにかかわらず普通のコマンドでタイプしていけば、

ほぼリアルタイムで、数式が書かれる!!!

さらに、青い文字で表示されている間は、自分用のコマンドなどは、コンパイルされた状態では表示されない.

(修正:2011年10月22日 23:48)

文書>設定>出力を

wpid-lyx_e69687e69bb8e381aee8a8ade5ae9a-1-2011-10-22-22-371.png

としておけば、しばらく放って置くと、しっかりコンパイルされて、黒く表示される。

いちいち、コンパイルして確認することなく、文書の入力に集中できるのは、非常に便利だと思う。

広告

LyX (2)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: MacTeX で TeX 環境を整備する « Konno Log

  2. ピンバック: MacTeX で LyX を使う « Konno Log

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中